調査部門

適切な設計・維持管理を行うために、工種・目的に応じた調査を行います。

 

管路調査・診断は、管路になぜ異常がおきたのか探るためにTVカメラ・目視調査で調査を行います。

これらの調査によって劣化状況・不具合などを直ちに発見することができます。

 

技術紹介

テレビカメラ調査工

管きょを高圧洗浄にて洗浄をした後、自走式テレビカメラを用いて管内を詳細に調査します。

 

管口カメラ調査工

地上から人孔内部にズームカメラを挿入し、管口より管きょ内を撮影・調査します。

 

 目視調査工

目視調査は、直接調査員が入って目視によりその性状を把握する調査方法です。

 

流量調査工

下水道管の適切な設計・維持管理を行うために、時間帯等によって変化する下水管の流量を調査します。

 

ソフトコアリング工法

ソフトコアリングとは建築構造物適用の技術で、従来に比べて小径のコア供試体でコンクリート構造物の強度を行う工法です。

 

詳しくはこちらの技術紹介ページをご確認ください。
技術紹介

 

施工例

テレビカメラ調査

 

管口カメラ調査